「APS」グループ 

APSはアジア株投資のスペシャリストです。

親会社であるエイピーエス・アセット・マネジメント・ピーティーイー(以下「APSシンガポール」)をはじめとして、日本株調査を担当するエイピーエス・アセット・マネジメント株式会社(以下「APSジャパン」)、上海から中国株を調査するエイピーエス・チャイナ・リサーチ(APS上海)、北米の投資家への窓口であるニューヨーク駐在員事務所の4拠点、総勢約64名のスタッフでグループは構成されています。

 

APSは独立系資産運用会社として1995年3月にシンガポールで創設されました。21年を経た今日ではアジア株投資におけるリーディング・カンパニーの一角までに成長しています。その証として、2003年に運用機関の総合評価を基に与えられるGlobal Investor誌の「Award for Investment Excellence」をアジア部門で受賞して以降、中国A株ファンドがAsia Asset Managementから5年連続でベストファンドを受賞、アジア・パシフィック・ヘッジファンドは、Eurekahedgeの2011年、2013年、2016年とベスト・シンガポール・ヘッジファンドに選出されています。APSは欧米の年金・運用会社・金融機関、それにアジアの政府系機関など世界的に著名な機関投資家を顧客として、投資運用サービスの提供を行う、アジア株投資のスペシャリストです。

 

APSでは「株式運用における付加価値の源泉は個別銘柄選択にある」との考えをもとに、独自の調査活動に基づくファンダメンタル分析による「ボトム・アップ・アプローチ」を実践しています。さらに、ビジネス上の利害関係から顧客の利益が損なわれぬよう、他の金融機関との資本関係を一切持たず独立性を維持しています。

 

エイピーエス・アセット・マネジメント株式会社のホームページに掲載されている事項は、当社のご案内等のほか、証券投資一般等に関する情報の提供を目的としたものであり、勧誘を目的とした ものではありません。最終的な投資決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願い致します。

 

 +APSシンガポールはシンガポール金融庁(the Monetary Authority of Singapore)から資産運用会社として総合免許を受けています。また、米国証券取引委員会(the Securities Exchange Commission)へも投資顧問会社として正式に登録しています。

* 2017年1月10日現在